ポストカードとグリーティングカードの違いは??



グリーティングカード

ポストカードは、郵便(¥63)で送ることが出来る大きさを一般的にいいます。

グリーティングカードの意味は「挨拶」だそうです。なので、海外ではクリスマスや誕生日、お祝いなどに色んな形のカードを送るそうです。見開き、三つ折りなどの他にもポップアップしたりするのもありますね。

相手を想って送るカードには変わりないので、違いといっても、ニュアンスが通じていればいいのかな…なんて、個人的には思ってしまいます。

豆知識【郵便はがき】

最小サイズ9cm×14cm

最大サイズ:15.4cm×10.7cm

重さ:2gから6g

それ以外の大きさや重さになってしまう場合は、定形外になるそうなので郵便局に問い合わせするといいですね。

グリーティングカード

この状況下で、近くにいてもなかなか会えない友達や家族に気持ちを込めてカードを送っている方が増えているそうです。私も、紙に想いを書くのは大好きなのですが、昔、手紙は夜に書いたら、翌日確かめるようにと両親によく言われていました。

どうしてだろう…と思い、夜に書いた手紙を夜に読み返してもあまり感じないどころか、さらに強い思いを書き足してしまっていたり(笑)しています。

ですが、翌日になって読み返すと、やっぱり恥ずかしいんですね。不思議です。一日の終わりの夜は、色んな思いがめぐっているのでしょうね。もちろん、今でもそうです…。なので、夜にはお手紙もメール(長文)も書かないようにしています。



233回の閲覧

関連記事

すべて表示